勘違い意地悪女王婆さん。

勘違い意地悪女王婆さん。

迷惑薪ストー一家に続き、迷惑な隣人シリーズ。

これは周囲に多大な迷惑と害を与える、地域で一番の問題人物の一家

何でも自分の思う通りにならないと我慢できない婆さん嫁。

自分で働きお給料をもらうという経験が無いからか、我慢とか人の気持ちを理解し思いやるという頭脳を持っていない婆さん。甘やかされて育ったようなわがまま女王、

それがそのまま婆さんになった。その意地悪さをそのまま引き継いだ嫁。

ご先祖さまの財産を食いつぶしているだけなのに、旧家だからとセレブと勘違いしてとても偉そうに君臨しているつもりらしい。財力は有っても知性品性が感じられず、育ち方が残念だったのだろう。

上品ぶっても行動が粗暴どったんばったん、ひとたび口を開けば言葉使いはまるでアレだし、中味は他人のひどい悪口の長話ばっかり聞かされ周囲は辟易。ホントに底意地悪いんだ。

とても卑しいモノの考え方をするという評価が周囲に漏れ聞こえてくる。ごうつくばり、というのだろうか。誰からも諫言を受けたことが無いのだろうか。

例えば、新米が出来たので余っている古米をあげるよと他人に配る、とか。とても嫌な感じしませんか、そういう言い方。付き合いたくないよね、そういう人とは。

そして近所に野菜や賞味期限すら不明な頂き物などを配る。そして自分のいうことを聞かせる、どんなに理不尽なことでも思い通りにコントロールしようとする。

で、物を他人にあげるときの態度は完全に上から目線。偉くもないのに偉そうに、他人にモノをあげることが仏教徒として得を積むことだと、平気で放言する。傲慢なこと甚だしい。

得を積むのはあくまで下心無しの黙って善行であって、支配手段として下心を敷いて物を配るそしてそれを放言するのは、得を積むどころか人格の低さ卑しさをさらけ出しているだけ。お釈迦様が聞いて呆れるよ。

で、婆のいうことを聞かない、婆や嫁よりも頭が良くて思い通りにならない人そういう人のほうが多いのだが笑だと分かった途端に豹変翻意し、野菜はやるもんかと捨て台詞、そしてその人のことを、それこそあること無いことものすごい悪口憎言を近所じゅうに触れ回り意地悪を始める。はいはい、そんな人の作った野菜なんかいりません。こっちからお断りします。アンタたち一家こそ皆に密かに嫌われているのよ、気がつかないのね

頭が悪い勉強が出来る出来ないではなく、人間性としてののでしょうね。

はやくあの世もちろん地獄のほうねにお迎えしてほしいけれど、あっちの世界でもそんな人、お断りでしょうね

ちなみに、そこの嫁もちろん財産目当て。まともな嫁なんか来る訳が無い。もこの婆と全く思考行動パターンだけれど、さらに輪をかけて悪質さは上をゆく存在。おまけに見栄っ張りでおしゃべりでしゃばり。

自分が世界で一番頭が良いと完全に信じている。家族もたぶらかす程に多重人格なところもあってジキルとハイドのような強烈にイタイおばさんなのだ。

こんな狭い田舎で威張り腐ってみたところで。笑。小さいよね。ぶ!

いのなかのかわずたいかいをしらず。