カノ嘘第5話日本語字幕付き

さて、一週間のご無沙汰です。

お待ちかねの5話です。

今回はいろいろ事件が起こります。

いつものように写真は以前のの使い回しです。

ソンジュのしかありません。

まず前回はチャンヨンとのソリムがハンギョルの思いをよそに

2人だけで約束してしまうとこで終わりました。

ハンギョルはチャンヨンをたてて自分がプロデュースしたい気持ちは諦める事にする。

そしてチャンヨンの曲を聞いてくれとハンギョルに音源を送ってくる代表。

しかしそれを聞かないハンギョル。

ソリムはハンギョルに自分がデビューする事を告げる。

黙っててごめんなさいと

本当は全てを知ってるハンギョルはどう反応していいか戸惑うが

よかったじゃないか、そんなイイ機会があれば逃すことじゃない頑張れはイイと言う。

君がデビューしたらいつか僕の曲を歌ってほしいと

ソリムは以前ハンギョルが自分の作った曲を歌って欲しいと言った時に断ったのは

そう言うんじゃなくてハンギョルが歌手の女の人が嫌いだって言ったからだと言った。

ハンギョルがついた嘘の1つだ。

ソリムは歌も好きな人も両方選んじゃダメなのかと言った。

ソリムは両方ほしいと言った。

ハンギョルは自分は音楽に没頭すると周りを傷つけてしまう。

だから自分は両方なんて器用なマネはできないと

喧嘩するつもりじゃないのになぜかハンギョルが自分の思いをストレートにソリムに伝えるから

ソリムには理解できなくなってしまう。

自分がデビューする事を隠してたと言う自責の念もあって

葛藤する気持ちを同級生のメンバーに打ち明けハンギョルを怒らせてしまったと泣くソリム。

それを見た高校生(バンドメンバー)はハンギョルに怒りを覚え

家の前で待ち伏せ

そこに雨の中バス停でバスを待ってるハンギョルを見つけたユナが家まで車で送ってくるとこに遭遇する。

当然ハンギョルに殴りかかる高校生

が、しかしハンギョルは結構喧嘩に強い!

ねじ伏せてる所にハンギョルの家に来たクリプレメンバーが割って入る。

高校生がどうしてソリムを泣かすんだと喚いた事でハッと気が付き

そのままハンギョルは走ってソリムの元へ

ソリムの家まで行ったらそこにソリムがいて2人で話すことに

ソリムはいきなりハンギョルに好きです

びっくりしてるハンギョルにあたしはあなたが好きなのでもう会わないとか言わないで下さいと

ストレートに気持ちを伝える。

ハンギョルは怒ってない、誤解なんだとそうじゃなくて自分ができなかったけど

ソリムのように両立できるようになりたいと思うと話して仲直りする

内心ハンギョルがまだ言えない大きな秘密の事で悩んでしまう

当然会社に行くとソリムと会う危険がある。

案の定階段に隠れる事になってる時にクリプレに見つかってしまう。

そして正直にメンバーに練習生が彼女なんだと話すと

ソリムが高校生だって事でどう扱っていいかわからないと相談すると

高校生が彼女だって事でみんなにかなり冷やかされるハンギョル

ソンジュは逆に女子高校生に誘惑されたんじゃないか〜と冗談を言われて

怒るハンギョルにみんな怯える俺は真剣に悩んでるんだと!

部屋を出て行きそうになってまた怒るハンギョル

一方自分達の演奏を携帯に撮って動画サイトに流してる件で、酷いが殺到してて

もうやめようと話しあう。演奏を頑張って練習してるけど、まだまだだとため息をつくシーン

さらに自分達を励まし練習しようとするときにドアの隙間から見てた先輩(ソンジュのチッス相手)が逃げるように去って行くのを気が付いて見つめるソンジュ。

そしてチャンヨンは自分の曲をソリム達のデビュー曲にしたくてヤキモキしてるのに

代表からなかなかOKがでない。

それでまだ練習できないのでクリプレのカムバ舞台を見学に連れ出す。

そこにはクリプレがもうスタンバイしてた。

3人がソリムを見つけて詰め寄る

ソリムはクリプレ実物を見て舞い上がる。

挨拶するとなぜかクリプレの3人はソリムの名前を知ってた。

まだKの事はナイショなんでどうして名前わかったんですかと聞かれて

そりゃ自分達のメンバーのチャンヨンがプロデュースしてるからとごまかす。

そしてこの前のハンギョルの喧嘩相手にお前根性あるな気に入ったと話すソンジュ

高校生は仕返しされるのかとビビるがなぜかみんなこの子を可愛がる。

きっとハンギョルってクリプレの中では1番みんなが一目おいてる人だから

それに反抗する高校生の向こう見ずさに感心したんでしょうね。

この後ソリムはハンギョルとのデートがある。

道端で買ったおソロのスマホケースをハンギョルに渡すって口実で

ソリムからデートを申し込んだ。

チャンヨンとの練習も終わり帰りを急ぐソリムが廊下でコーヒー持ってるユナとぶつかる

当然ソリムの白いトレーナーがコーヒーのしみだらけに

ユナは自分の服をソリムに貸す

まだユナがハンギョルの元カノとソリムは知らない。

またユナもソリムがハンギョルの今カノと知らない。

ソリムがユナに借りた服でハンギョルとの待ち合わせに行くと

すっかり違う雰囲気のソリムに見とれるハンギョル。

ソリムがユナから借りたと話し、ユナさんは大人でキレイで

そんな人の服を自分が着ても似合わないよねって言うと

ハンギョルはそんな事ない、お前のほうが可愛いよと

そしてソリムからのプレゼントのスマホケースがおソロだと最初は隠してたソリムだったが

ハンギョルにはすぐにバレて、子供っぽい事するソリムにお前調子にのりすぎだぞと言いながら

心の中で喜んでるハンギョル自分の気持ちにだんだん気が付いて行くようです。

デートから帰るバス亭でソンジュからの集合メール

アジトはソンジュの買った店

そこに集合いしてハンギョルに高校生彼女の事を聞こうと待ってる3人

そして素直に全てを話すハンギョル。

ソンジュがお前本気だなと言うと素直にこんな気持ち久しぶりだと認めるハンギョル

でも、最後に彼女じゃなくて彼女の声だと言ってしまうハンギョル

がっかりするメンバー

止めるのも聞かずにソンジュが飲んでるビールを奪い飲むハンギョル

お酒に弱いからグチグチと言い出し、結局まだ自分がKだと言えずに

どうするんだとメンバーに攻められ自分がなんとかする!自分が!

と、言ってから倒れるハンギョル

チャンヨンはなんとか自分の曲にOKを貰いたくて

代表に返事をねだるけど後回しにごまかしてる代表に

痺れをきらして詰め寄ると代表が徐に曲の批評を言いだし

いい曲でソリムの歌声を活かす為の上手な作曲だと褒めたが

あまりにも普通の曲だとそこが天才と天才でないとの差だと

チャンヨンを地獄の落とすような一言を

その頃ハンギョルもチャンヨンの曲を聞いてみてやはり代表と同じ事を思ったようで

落胆して屋上にいるチャンヨンに

自分が編曲を手伝わしてくれないかと相談する

しかしチャンヨンはソリムは絶対渡さない!と宣言してその場を去る

チャンヨンはソリムの元に行き

クリプレの新曲を聞かせてやろうと言う。

その時ソリムの携帯が鳴ってるが、俺との約束は仕事の時は他を後回しにしろと

電話にでさせない。

その電話はハンギョルがチャンヨンの言葉が気になってソリムにかけたのだった。

そしてチャンヨンがクリプレの新曲を聞かせる目的は

ソリムにハンギョルがクリプレのKだと教える事だった。

ハンギョルが作った曲だと知ってるその曲がクリプレから聞いて驚くソリム

前にチャンヨンにクリプレのKはどんな人って聞いた時にチャンヨンは

ぶさいくで100ある肥満で凄く性格の悪いやつって言ってたんのは

どうしてって聞くと

あれは全部ウソさ、と平然と言うチャンヨン

ハンギョルへの反抗の為なのかなぜここでソリムをキズつける必要があるのか

チャンヨンの葛藤もわかるけどそれはそうじゃないんじゃないってあたしは思ってしまった。

もちろん戸惑うソリムはそれでもハンギョルをかばい

ハンギョルはそんな人じゃないとスタジオを飛び出す。

そこに心配してるハンギョルからの電話が

電話を取ったのがまだ会社の中ビッグモニターの前で

同じ場所にソリムとハンギョル

そしてその時スクリーンから流れるクリプレの新曲

ソリムがどうして?どうして嘘をついたの?

追いかけてきたチャンヨンソリムハンギョル

ここで終わりです。

続きは明日です。

以上だいたいですがこんな感じでした。

明日の朝再放送があるのでおさらいします。

そして明日は6話です。

では今夜はこれでおやすみなさい。

ランキングに今日も応援ありがとうございました。

明日も頑張ります。