中学1年第2話学校からの逃亡2おしおき部屋へ

2おしおき部屋へ

職員室の隣の生徒指導室、みんなはおしおき部屋と呼んでいる。

担任のたかやんと、生徒指導部の先生と怜伊と海の4人。

君たち、まだ入学してから1か月も経たないのに、緊張感が足りないんじゃないですか?

と厳しそうな生徒指導部の先生に言われた。2人とも下を向いたままじっとしている。

怜伊、どういうことか説明してくれ。とたかやんが言うと、

えっ、あの私が悪いんです。海の家のことで、海を怒らせるようなことを言っちゃって。それで、ほっぺた叩かれて、私がワァーって泣いちゃったから。海、本当にごめんね。

そうなのか、海?

黙ってたら分かんないだろ。ちゃんと自分の意見を言え。

怜伊にきついこと言われて、悔しくて、カーッとなってぶっちゃいました。ごめんなさい。

それじゃあ2人とも納得して、反省できてるんだな?

女子の間ではよくある、他愛もないケンカ。まわりが気をもむのもアホらしいぐらい、またすぐにキャッキャッと仲直りするやつ。

じゃあ怜伊は帰っていいぞ。これからは友達を傷つけるようなことは言わないように。

とたかやんに注意され、スカートの上からお尻をパーンと1発叩かれて終了した。

部屋に残された海。

そうだよね。ケンカだけなら、ここでよしって言われて帰れたんだよね。今ごろ部活に合流して、いつもの生活に戻れたのに。でも、私、学校から逃げ出しちゃったんだもんね。この後どうなるんだろう?怜伊と同じ1発だけじゃ済まされないのは確かだよね。

たかやんが生徒指導部の先生に

後は私から厳しく言って聞かせるので、先生は戻っていて下さい。

と言って、部屋には、怖い顔をした担任兼部活顧問のたかやんと、これから何が起こるのか不安で仕方ない海の2人きりとなった。

海、おまえ、何で逃げたんだ?ちゃんと話せば、すんなり解決する問題だったんじゃないのか?確かに、先に手を出したのはおまえの方で、それに関してはきっちり叱らなきゃいけないと思うが、逃げ出すっていうのはもっと罪を重くしてるんだぞ。なあ、分かるだろ、そのくらいのこと。

はい。

心配かけさせんなよ。

ごめんなさい。

たかやんは、腕時計をチラチラ気にしている。

そろそろかな?

えっ?

ちょうどそのとき、トントンとドアをノックする音がした。

はい、どうぞ。

すみません、遅くなって。

ゲッ、お兄ちゃん、何でいるのよー。

すかせず、たかやんに頭をボコッ叩かれ、

当たり前だろ。おまえが今日やったことを考えてみろ!保護者呼び出しは当然だ!

海がしょんぼりと下を向いて、指をモジモジといじっていると、

高也先輩、本当に今日はご迷惑をおかけして、すみませんでした。

と言って、悠一は頭を深く下げて謝った。かと思うと、ツカツカと海の所にやって来て、

このバカがっ!と言って、思いっきりお尻をパーンと叩きつけた。

いったー!

まあまあ悠一、落ち着け。これから話を聞いてもらって、その後でじっくりと反省させようと思うんで、まあ座ってくれ。

先輩と久しぶりの再会だっていうのに、このバカのせいで、こんな事態になってしまって、本当にすみません。

ああ。オレももっと普通の関係で会いたかったけどな。

たかやんから今日の状況を説明され、悠一の顔はどんどん険しくなっていった。

あーあ、お兄ちゃん、絶対にすごーく怒ってる顔だよね。何て言えば許してもらえるんだろう?ひたすらごめんなさい作戦がいいのかな?それとも、泣き落とし作戦にする?

2人の話なんて上の空で、おしおきが軽くなる方法を頭の中でいろいろと考えていると、

おい、海、聞いてんのか?とたかやんににらまれた。

あっ、はい。

今オレが何て言ったか言ってみろ。

すみません。分かりません。

なー、悠一。こいつまったく反省してないんだよな。

えっ、先生、反省してます。すごく反省してるから許して下さい。という海の意見には耳を傾けることなく、

ということで、ここでおしおきさせてもらおうと思うので、保護者の方の承諾をいただきたいのですが。

何たかやん、ふざけたこと言ってるの?

はい。ぜひ厳しく叱ってやって下さい。

お兄ちゃん、やだっ。お兄ちゃんの前でおしおきされるなんて、絶対に無理。先生、お願いします。お兄ちゃんのいない所でして下さい。

半べそかきながら、必死にお願いしたのに、聞き入れてはもらえなかった。

おまえがどれだけ悪いことをしたか、オレがどれだけ怒っているか、ちゃんとお兄さんにも分かってもらわないといけないからな。

本当に無理だってば。

たかやんには、入学式から今日までの間に2回お尻を叩かれた。ついこの間、部活で集合時間に遅れて3発。これは結構痛くて、洗礼を受けた気分だった。

そして、おとといの数学の時間に、ベランダに遊びに来ていた2羽のスズメをボーっと眺めていて注意されたときに1回。これはパーンと1発叩かれただけで全然痛くはなかった。ただ、クラスのみんなの前でスズメがいちゃいちゃしてるのが、そんなにうらやましいのか。と言われ、クラス中が大爆笑したことで、恥ずかしさのあまり、海は顔を真っ赤にしてうつむいた。

今日は、前回のように軽く済むはずはない、ということはおしおきが始まる前からよく分かっていた。

よし。じゃあ、そこの壁に手をついて、ケツ突き出せ。本来ならオレのおしおきはケツ丸出しで叩くんだが、今日は悠一の前だから、特別パンツは脱がなくていいからな。

そんなこと、わざわざ言わなくていいじゃん。

海は悠一の方を見て、

お兄ちゃん、助けてー。

と目で訴えたけれど、腕を組んでキッとにらみ返され、無言でクイッと顎を動かして早くしろの合図を送られた。

そうだよね。助けてくれるはずないよね。お兄ちゃんもそっち側の人だもんね。ちょっとでも期待した私がバカでした。

仕方なく、言われたとおりの姿勢をとると、

スカートまくって、もっと頭を下げて、ケツを後ろに突き出せ。

目をギュッとつぶって、壁を押さえている手に力を入れて、1発目がくるのを待った。

バッシィーン

何も言わずにいきなり叩かれた。スパッツの上からでも充分に痛い。強烈な力で

バッシィーン、バッシィーン、バッシィーン

と続けて叩かれ、いつ終わるのか、何回叩かれるのか全然分からない。

お尻痛ーい!もう耐えられない。お願いだから終わりにしてー

と心の中で叫んでみても、一向に終わりにしてくれる気配はない。それだけ、たかやん、怒ってるってことなのだろう。

もう絶対にしません。

すごく反省してます。

ごめんなさい。

という言葉が自然と口から出るようになると、たかやんの手が止まった。

終わりだ!

壁から手が離れ、ズルズルと床に倒れ込んだ。

明日までに反省文書いて提出するように。悠一と話があるから、外で待ってろ。

お尻を押さえながら、のろのろと立ち上がって、さようなら。と涙声であいさつをして廊下に出た。

目の前で見てるの、辛かったんじゃないか?

いえいえ、もっと思いっきりやってもらってよかったんですよ。

悠一、相変わらず厳しいな。でも、海にとっては本格的なおしおきは初めてだったからな。少し様子見だ。実はな、友達とケンカした原因っていうのが、家のことを言われたらしいんだ。詳しくは聞いてないが、海なりにいろいろと悩んでるのかもしれないから、そのへんはフォローしてやってくれよ。

はい、分かりました。あいつ、能天気に見えるけど、結構溜め込んでしまうようで、とんでもない方向へ発散させるから危なっかしくて

そうだよな。今日もまさか学校から脱走するとは思わなかったもんな。今日はケツ痛いだろうから、家では軽めにしてやれよ。

ハハハ、そうですね。だいぶ痛そうでしたよね。でもオレもかなり怒ってるんで、それなりにやるつもりです。本当にご迷惑をおかけしました。

ああ。ほどほどにな。