眠れない夜は長話でも。(2)

それから、少し避けるようになった。

でも、その人は休憩中はわたしの隣にきて、なんだかんだと、話してはわたしの指に触れたり、頭をなでてきたり

顔はとてもイケメン。

わたしより10近くも年下。

みんな、ふらっと好きになるのかな?

なってしまうものなのかな?

わたしが、鋼の心なのかな?

6月の中頃、貸してたDVDを返すと電話がきて

家の近くであろう場所まできていると。

職場で返せばいいものを。と思いながら

向かった。

少し話をして、帰ろうと思ったら

むくみちゃん、コーヒー代持ってませんか?

ときた。

え?持ってきてないわ。って言ったら

なーんや。たかろうと思ってきたのに。

って!!!!!

あったまきたー!(遅すぎる

6月の下旬に、電話が鳴り、はー。。次はなに?と思って電話に出た。職場で会うしシカトはあかんな。と思いながら受けました。

今日は一日寝てたので、誰かと話したくなってって言われて1時間ぐらいなんてこともない話をしていた。

突然、

これ言ったらドン引きされるかもしれないんですけどって言われて、あー。お金か。。と察知したけど、なに?って言ったら

お金貸してほしいんですけど、いくらなら貸せますか?って言われた。

こいつ終わってんなー。と思った。

なので

わたしが母子家庭なの知ってるよね?

切り詰めてます。

真面目に生きてます。

とか、いろいろと言いたいことを言った。

わたしのお節介な気持ちを利用してることが許せない。300円ですか?と借りておきながら100円すら惜しむなら、なんでその100円すら、持ってないの?

たかろうと思ってたって冗談じゃないし

もっとぷらぷら遊んでるような気楽な人に言えば?

って言った。

わたし、自分がよくしてもらった人のことは、

信じてしまう。

よくないのわかってるけど、斜めからその人を見るのは失礼なことだと思ってる。

思ってた。

今回ばかりは、ぱちんこに全てを費やした、カスのようなヒモのような、人に遭遇して学びました。

すぐ人を信じたらだめだ。

優しくしてくる人は何かある。

わたしにも隙があったのだろうか。。

一瞬でも好意を抱いた目で見たのだろうか。。

この歳になって、やっと何か気づいた気がします。

バリアをもっと分厚く張れと教えてくれた、その人に感謝はしませんが、肩をぽんぽんと叩きたい心境です。

お金を貸さないとわかったその人は

一切連絡してこなくなりました。

職場で会いますが、至って普通の顔をして

話しかけてきます。