トモダチ、ブレスケアを特殊部位に施す妙技を開発した新進気鋭の学徒の嘆きを聞いた・・・

「脚注がああぁあぁん無いよおぉおぉおおおん(´;ω;`)ぉおおおぉおん(´;ω;`)解読出来ないよぉおおおん(´;ω;`)」 ちうことで、そのページの画が写メってます。。。 

ま〜@体脂肪率30%さん http://SNS.jp/show_friend.pl?id=21245664 のつぶやきです。

左手第4、5指が写っていて、爪が5指のみおそらく3?程伸ばしておられるところから、几帳面な性格と思われます。 良家の令嬢では、と。

ソンナコトヨリ、写メは一部読み取れませんが、読み取れる部分はこうなっているようです。

   kkkkkkkkkkkkkkkkk kkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

George Gall is a perfect example. After medical school, where he suffered trhough countless jokes and puns, he became a surgeon, specializing in liver and gallbladder disease. It was the worst possible thing he could do with a name like that, but he sent into it with a strange, quiete certainty, as if it had all been foreordained. In a sennse perhaps it …・

   kkkkkkkkkkkkkkkkk kkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

Google Translate では、

   kkkkkkkkkkkkkkkkk kkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

George Gallは完璧な例です。 無数のジョークやいたずらに苦しんでいた医学の後、彼は肝臓や胆嚢疾患に特化した外科医になった。 そのような名前でできる最悪のことでしたが、あたかもあたかも予期されていたかのように、奇妙で静かな確信をもってそれを送っていました。

George Gall es un ejemplo perfecto. Despus de la escuela de medicina, donde sufri trucos innumerables bromas y juegos de palabras, se convirti en un cirujano, especializado en el hgado y la enfermedad de la vescula biliar. Era lo peor que poda hacer con un nombre as, pero lo envi con una certidumbre extraa y quiete, como si todo hubiera sido preordenado.

   kkkkkkkkkkkkkkkkk kkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

となります。 オバアとオジイが言うには、好い翻訳だって言ってますが、JCアリタマ にはもう一つ、そうかどうかは分かりません

しかし、ソレに付けても、画の一部が白化して字が読み取れなくなっているのは、一部を伏字にしているのだろうか… しかし、それにしても、字が読み取れない部分の分布が不思議…

でぇ、この書物の題名は何というのだろう… などなど

色々一寸考えさせられました。 ふと目を上げると、外は一面の雲、星は見えません。 そんな夏の気持ちの好い朝です。